http-equiv="refresh" content="1;URL=//tktk1.net/skyrim/blog-category-.html"> http-equiv="refresh" content="1;URL=//tktk1.net/skyrim"> 防御値バランス改善mod Armor Rating Redux - MOD紹介
ArmorRatingRedux.png
Armor Rating Redux
ダウンロード:LE版 SE版

要:SKSE最新版 SkyUI

防御値のバランスを改善するmodです。LE版は類似のArmor Rating RescaledのほうがSKSEプラグインのみで設定もシンプルなのでオススメします。

しかし、SE版にはArmor Rating Rescaledはないので、こちらで代替するといいと思います。
特徴
  • 防御値上昇が効果的になりメリハリがつく
  • ゲーム内でいつでも調整が可能。三種の計算式から選べる。
  • デフォルト設定のままで基本的に問題なし

防御値の問題点

防御力の計算式は以下のとおりです。

物理カット率(%)=表示防御値*0.12+(隠れ防御値3*防具数)

表示上の防御値の上限が567(盾なし、隠し補正値あり)、カット率80%が上限です。防具には隠し補正値があります。盾も防具に含むので、最大防御値+100、カット率は+15%で結構大きいです。

さて、このシンプルな式の何が問題なのでしょうか?

カット率よりも重要なのは死ぬまでにどれだけの攻撃回数まで生存できるかの耐久回数のほうです。
大事なのはHP0にならないことですから、耐久回数のほうが本来の性能なのです。

ArmorRatingReduxCutSurvivability.png

グラフを見ると、横軸の防御値の上昇に伴ってカット率は直線的に上がります。しかし、耐久回数は防御値が低いときほど上がりにくく、防御値が高いほど耐久回数の伸びがよくなります。

つまり、低防御値なときほど効果が薄く、高防御値なほど効果が高いのです。序盤のオークフレッシュや防具強化程度ではほぼ効果がなく、フル強化の防具セットは効果絶大になってしまいます。

Armor Rating Reduxを用いれば、このアンバランスな状態を改善できます。計算式の変更なので、プレイヤーもNPCも公平に影響を受けます。

設定

espつきで、MCMから設定できます。

ArmorRatingReduxMCM.jpg

右側が防御値に対する受けるダメージ倍率です。

実ダメージ=ダメージ*ダメージ倍率

AR(防御値)667で0.2なら、ダメージ*0.2のダメージを受けます。
カット率と逆に数値が低いほど受けるダメージが減ります。

カット率(%)=(1-ダメージ倍率)*100

Formula

計算式を三種類から選びます。「Hyperbolic」のままでいいと思います。
Hyperbolic
防御値が低い時のカット率の伸びがよく、防御値が高くなるほどカット率の伸びが悪くなります。Armor Rating Rescaleと同じく設定で、逆補正かけることで耐久回数の伸び率を直線的にします。
Exponential
バニラとHyperbolicの中間ぐらいの設定です。しかし、バニラの微妙な部分も引き継いでしまって、高防御値時の生存率が飛躍的に伸びやすくなってしまうのであまりオススメしないです。これを使う場合は後述の追加設定で制限してください。
Linear
バニラと同じ計算式ですが、隠し補正値はありません。防御値667でカット率上限の80%に達します。このmodを導入してわざわざ設定することもないと思います。

三種の計算式をグラフで比較します。Hyperbolicは防御値が低いほどカット率が上がりやすく、高いほど上がりにくくなってます。Exponentinalが中間、バニラは直線的で上限があります。

ArmorRatingReduxCutRate.png

次は耐久回数の比較です。Hyperbolicは直線的で、Exponentialは中間ですが、後半に伸びすぎてしまう性質が分かると思います。

ArmorRatingReduxSurvivability.png

計算式の数値設定

以下の項目は三種の計算式の数値を変更できます。
Linearのみ
Linear Multiplier カット率の直線の傾きに影響します。数値が高いほど傾斜がきつく早い段階で上限に達しやすく、低いほど傾斜がゆるくなり上限に達しにくくなります。
Linear Floor 下限値の設定です。ダメージ倍率なので数値はカット率と反転します。0.2だとカット率80%が上限になります。0.1ならカット率90%です。
Hyperbolicのみ
Hyperbolic Divsor 数値が低いほどカット率のカーブがゆるく、高いほどカーブがきつくなります。
Exponentialのみ
Exponential Base 数値が低いほどカット率のカーブがゆるく、高いほどカーブがきつくなります。

追加設定 Advanced

HyperbolicとExponentialにキャップを設定するカテゴリです。
User Floor for Exp/Hyp modes
制限を有効にします。
Exp/Hyp Floor
ここで設定した数値以下は一律この数値にします。数値が0.2(80%)のとき、この数値を下回る値はすべて0.2になります。
Use Mult for Exp/Hyp
ソフトな制限を有効にします。
Exp/Hyp Multiplier
ここで設定した(1-数値)に収束していきます。0.9に設定すると防御値が高いほど0.1に収束していきます。

さいごに

設定項目がややこしいmodですが、基本的にデフォルト設定のままでバランスがいいと思います。防御値がバニラよりはるかに上回る敵や味方がある環境なら、追加設定で制限するぐらいです。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



質問はDiscordツイッターだとすばやく回答できます。
コメント
tktk2018.09.27 01:26

>名無しさん
ありがとうございます。こういう報告は助かります。さきほど直しました。

名無しさん2018.09.26 05:56

Windows版Chromeですと、「しかし、SE版にはArmor Rating Rescaledはないので、こちらで代替するといいと思います。」の文と、そのすぐ下の「特徴」が重なっています。