BlenderScript.png Export nif Script for Skyrim Download
nifのエクスポートするのに手順が多くてよく設定ミスしてエラー出したり、面倒くさかったりしませんか?
そんな悩みをボタン一発で解決します。ただしマテリアルの設定だけは忘れずに。
nifをBlenderでの入出力のやりかたについてはmod作成wikiのBlenderで入出力をまずはお読みください。

必要

Blender2.7x
Nif plugin for Skyrim

機能

選択したオブジェクトひとつをボタン一発で出力します。
バージョンやシェーダーの設定を自動的に行うのでよく起こりがちなエラーを回避できます。
  • バージョン(nif version, user version, user version2)の自動入力
    Parentしてあるスケルトンのバージョンも含む
  • シェーダーの設定がない時に自動で設定
  • ウェイト付きかどうかを自動で判別して、最適な設定で出力
  • Armatureモディファイアが設定してあって、Object:がない時にParentのデータを設定
  • Parentの設定がなく、Armatureモディファイアがある場合は、ObjectのデータをParentに設定

使い方

初期設定

まずEditor Typeを「Text Editor」にします。
SwitchTextEditor.png

+ Newボタン押して、新しくTextを作ります。
CreateNewText.png

付属のExportNifScript.txtを開いて、Ctrl+Aで全選択して、Ctrl+Cでコピーします。
Blenderに戻って、テキストエリアにCtrl+Vで貼り付けてください。
CopyScript.png
これでスクリプトが使えるようになりました。
一度設定すれば同じblendファイルなら繰り返し使えます。

出力

Objectモード(Tabキー)にして、出力したいオブジェクトを「ひとつ」選択します。
Text EditorのRun Scriptボタンを押す(またはAlt+P)。
ExportRunScript.png
選択したオブジェクトを開いているblendファイルと同じフォルダに出力されます。

出力のスケール変更

0.1倍で読み込んで10倍のスケールで出力する設定なので、1倍で出したい場合は
106行目と131行目の
        scale_correction_export=10,
を以下のように1に変更します。
        scale_correction_export=1,

注意点

  • 複数の出力には対応してません。
  • 保存して.blendファイルを作ってないときは、Blenderのフォルダに出力します。
  • 自動的に上書きするので元のファイルが同じ場所にある場合は退避しておいてください。
  • オブジェクト名で出力するので、オブジェクト名に日本語は使わないください。
  • フォルダパスにも同様に日本語が含まれない環境で使ってください。
  • マテリアルの設定は一切しないのでUVがないとか、Texturesフォルダのテクスチャ指定してないとかは気をつけましょう。

許諾関係

改変再配布はご自由に


関連記事



コメント

トップへ戻る