SKSE Special Editionの対応のアルファ版
SKSE64.png

3行まとめ
・スカイリム SE対応版が出た
・フォルダ階層のミス※ 9/13 直りました。
・プラグイン作成ができない ※9/13 可能になりました



SKSE Special Edtion対応のアルファ版が出てます。
モッダー向けの仕様で完全ではありません。
スカイリムversion 1.4.2が必要です。

SKSEのサイトのCurrent SE build 2.0.0 (runtime 1.4.2): 7z archiveの部分からダウンロードします。
ファイル階層が間違っていてそのままでは使えません。
Dataフォルダ直下に含まれるpexファイルはData\Scriptsフォルダに
Data\Source\SKSEフォルダに含まれるpscファイルはData\Source\Scriptsフォルダに入れてください。

SKSEには大きく3つの機能があります。
  1. スクリプトの拡張。使える関数やイベントが増える。例えばキー入力が使えるようになります。
  2. SKSEプラグインの作成。
  3. 補助機能。メモリ拡張やセーブ肥大の防止などのSKSE.iniで設定できる機能。


今回の1. のスクリプトの拡張機能のみです。

SKSEプラグイン作成のためのsrcフォルダが入ってないので、プラグインが作れません。


スクリプト拡張ののみのmodはおそらくほとんどSEで使えるようになってると思いますが、

SKSEプラグインが必要なmodはまだ使えません。

たとえばECE, Racemenu, AddItemMenuなどは使えません。


9/13 時点でプラグイン作成のsrcフォルダがつきました。
ただし、SKSEプラグインは一から作り直す必要があり、作者不在の場合は対応ができません。




私のmodですが、SKSEプラグイン不要のQuick LightとSimple HorseはMCM以外の機能は使えました。

あとのSKSEを使用するmodはSKSEプラグインが必要なので使えません。

SKSEプラグイン作成にlibSKSEというライブラリを使っていて、大元の作者のhimikaさんが不在なので更新できるかわかりません。こちらのライブラリのSE対応に協力して頂けたら幸いです。






関連記事
コメントの投稿


Does not accept comments that are all written in English on this blog for blocking a spam. If you have any questions, send a e-mail: tktk11111[at]gmail.com

コメント